ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. 理解する >
  4. どれくらい多いの?
ここから本文です
理解する

どれくらい多いの?

うつ病は子どもから高齢者まで世代を問わずに発症する病気です。およそ10〜15人に1人は生涯のうちにうつ病を経験すると考えられており、きわめて発病頻度の高い病気といえます。

およそ10〜15人に1人が生涯にうつ病を経験すると考えられています

わが国のうつ病の有病率は、大うつ病の12カ月有病率*が2.2%、生涯有病率*が6.5%、また、軽症うつ病の12カ月有病率は0.8%、生涯有病率が2.7%と報告されています。およそ30人に1人が過去12カ月間に、およそ10〜15人に1人がこれまでの生涯にうつ病を経験した計算になります。
また、男女比でみると、女性の方がうつ病になりやすく、およそ男性の2倍多いと考えられています。

図:うつ病有病率の男女比グラフ

[*] 用語の解説
12カ月有病率:
過去12カ月間にその病気にかかっている患者の割合のこと。
生涯有病率:
調査時点までの生涯にその病気にかかっている患者の割合のこと。

うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。