ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. ともに生きる >
  4. うつ病のあなたに >
  5. 回復するまで重要な決定は先延ばしする
ここから本文です
ともに生きる

うつ病のあなたに

回復するまで重要な決定は先延ばしする

うつ病の人が気をつけなければならないのは、症状がひどい段階で身辺に関する重要な決定をしてしまうことです。悲観的、絶望的な心理状態になるうつ病では、さまざまな問題に対して正しい判断はできなくなったり、ものごとを焦って決断をするようになるため、しばしば判断を誤り、後々になって後悔することが多いのです。たとえば、うつ病の状態では会社に迷惑をかけると思いつめ退職してしまうのがよい例です。そのような重要な決断は病気から回復した段階で結論を出しても遅くはありませんから、まだ病気の状態が回復していない場合には重要な問題の解決は必ず先延ばしにするようにしなければなりません。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。