ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. うつ病 >
  3. ともに生きる >
  4. うつ病のあなたに >
  5. 治療には時間がかかることを理解して服薬を欠かさない
ここから本文です
ともに生きる

うつ病のあなたに

治療には時間がかかることを理解して服薬を欠かさない

うつ病の治療には時間がかかります。薬を飲み始めてから改善の効果が現れはじめるのに2〜4週間程度かかり、治るまで平均で3カ月かかりますが、完全に良くなるまでに半年、1年程度かかる人も少なくありません。大切なことは回復を焦らずにじっくりと治療に取り組むことです。復学や復職を焦って症状が悪くなったりすることはよくみられますし、また、ちょっと症状がよくなったからといって服薬を怠ったり止めてしまうことも症状の悪化につながります。抗うつ薬は時間をかけて徐々にバランスの崩れた脳の機能を安定化させるため、途中で薬をやめてしまうと、せっかく安定しはじめていた状態を元の状態に戻してしまうことになるのです。回復を焦ることなく、継続的な服薬を心がけるなど治療にじっくりと取り組むことが大切です。最近では、およそ1年間は維持量を服薬すべきだと言われています。


うつ病(鬱病)トップへ
ここからメニューです ここから関連メニューです
  • 病院を探す(日本全国を対象にお近くの病院を検索)
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。