脳の生化学的仮説

統合失調症は、精神機能のネットワークがうまく働かなくなる状態です。精神機能のネットワークは脳内のさまざまな部位で行われており、部位同士が適切に情報をやりとりすることで、精神機能が保たれます。その情報の伝達に欠かせないのが神経伝達物質です。
統合失調症がどうして起こるかは、まだはっきりとは明らかになっていませんが、神経伝達物質の異常が関わっていることが少しずつわかってきました。
神経伝達物質にはさまざまな種類がありますが、統合失調症の発症と関係があると考えられているのはドパミンやセロトニンなどです。

ドパミンの機能異常が陽性症状と陰性症状を引き起こす

ドパミンは、気持ちを緊張させたり興奮させたりする神経伝達物質です。ドパミンの働きを遮断する抗精神病薬が統合失調症の陽性症状の治療に効果を示すこと、また、ドパミンの働きを活性化させる薬剤が統合失調症に似た幻覚・妄想を引き起こすことから、統合失調症の陽性症状に脳内のドパミンの過剰が関与しているのではないかと考えられています。
ドパミンによって情報を伝達している神経経路はいくつかあり、それぞれに異なった生理機能をもっています。その神経経路の一つ、中脳辺縁系でドパミンが過剰に放出されていると、幻覚や妄想などの陽性症状が引き起こされるとされています。
逆に、中脳皮質系の経路では、ドパミンの機能の低下がみられることもわかってきました。それにより意欲減退、感情鈍麻などの陰性症状が現れると考えられています。このように統合失調症では、中脳辺縁系ではドパミンの機能亢進が、中脳皮質系ではドパミンの機能低下が引き起こされるために、陽性症状と陰性症状という一見相反する症状が併存しているとされています。

図:症状の発現に関与するドパミンの機能異常

ドパミン神経系とセロトニン神経系のバランスが崩れ、陰性症状が現れる

ドパミンの働きを遮断する作用のある抗精神病薬で陰性症状が改善されない患者さんに、セロトニンの働きを遮断する作用のある抗精神病薬を投与すると、陰性症状が改善することがみられることから、セロトニンが陰性症状の発現と関連しているのではないかと考えられています。
ただし、症状改善がみられるのはドパミン遮断作用のある薬剤と併用した場合のみで、セロトニン遮断作用の薬剤だけの投与では効果は得られません。
このことから、ドパミン神経系とそれを抑制的に作用するセロトニン神経系とのバランスが崩れ、中脳皮質系におけるセロトニン系の働きのほうが優位になり、その結果、陰性症状が現れるのではないかと考えられています(セロトニン仮説)。

グルタミン酸の異常が統合失調症に関与

一部の麻酔薬が陽性症状や陰性症状、認知機能障害に似た症状を引き起こすことが知られています。それらの麻酔薬は、グルタミン酸という神経伝達物質を神経細胞に取り込むNMDAと呼ばれる受容体の機能を遮断する作用があります。このことから、NMDA受容体を介したグルタミン酸の機能の異常が統合失調症の病態に関与しているのではないかというグルタミン酸仮説が唱えられています。
この仮説では、まずグルタミン酸の機能異常があり、それを背景にドパミンの機能亢進やセロニンの拮抗優位が生じて、陽性症状と陰性症状が現れると推測されています。

神経伝達物質の働き

図:神経細胞同士の情報伝達

脳の神経細胞には木の枝のような樹状突起と、1本の長い軸索が付いています。神経細胞同士が情報のやりとりをする場所をシナプスといいます。
神経細胞の中で情報は電気信号となって伝わりますが、電気信号が軸策の末端までくると、シナプス小胞という袋が破れて神経伝達物質が放出され、隣接する神経細胞の受容体で結合することで情報が伝わります。

参照関連情報ページ