治療のポイント

統合失調症の治療は薬物療法が基本です。色々な症状は脳の神経伝達物質の機能異常によって現れることは明らかにされていることから、薬物療法は主に、その機能異常を調節して症状を抑えるために用いられます。ただし、薬物療法だけでなく患者さん本人および家族への心理社会的療法を併せて行うことが良好な予後に欠かせないこともわかっています。
治療法の組み合わせによる1年後の再発率*を調べた研究によると、「薬物療法のみを行った群」での再発率が約30%であったのに対して、「薬物療法とリハビリテーションを併用した群」および「薬物療法と家族心理教育(家族技能訓練)を併用した群」の再発率はともに8%と著しく低下していました。リハビリテーションや家族心理教育を単独で行っても再発率は低下しませんので、薬物療法と組み合わせることで高い治療効果が得られることになるといえます。
したがって薬物療法を行って症状を抑えるとともに、病気によって障害された社会生活機能の回復を図るリハビリテーションや、患者さん本人を支える家族のケア能力を高めることが、高い治療効果や再発予防に有効であるといえます。

用語の解説

再発率

ある期間内において病気が再発する割合のこと。

参照関連情報ページ