抗精神病薬と併用される薬

抗精神病薬の効果を引き出したり、足りない部分を補うためにいくつかの補助的な薬が治療に用いられます。過度の不安や緊張には抗不安薬が、不眠症状に対しては睡眠薬が、抑うつ症状には抗うつ薬が用いられます。また、幻覚や妄想と躁うつ気分が混合してみられる場合には気分安定薬が用いられます。
抗精神病薬は単独で用いて治療するのが望ましいのですが、足りない部分を補うためにいくつかの補助的なお薬が治療に用いられることがあります。過度の不安や緊張には抗不安薬が、不眠症状に対しては睡眠薬が、抑うつ症状には抗うつ薬が用いられます。また、幻覚や妄想と躁うつ気分が混合してみられる場合には気分安定薬が用いられます。
また、抗精神病薬によりパーキンソン症状などの錐体外路症状の副作用がみられる場合には、抗パーキンソン病薬が使われます。

イラスト:不眠症状に対して睡眠薬など、抗精神病薬とともに、症状に応じた薬が処方されます

剤形の特徴を知りましょう

抗精神病薬のさまざまな剤形