ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【統合失調症ナビは、統合失調症の理解とより良い付き合い方をサポートするサイトです。】

  1. 統合失調症ナビ >
  2. ともに生きる >
  3. 統合失調症のあなたに >
  4. 服薬を継続すると再発リスクが低くなります
ここから本文です
ともに生きる

統合失調症のあなたに/服薬を継続すると再発リスクが低くなります

統合失調症は「勝手に服薬を中断すると2年以内に80%以上が再発する」とされており、極めて再発しやすい病気です。統合失調症についての理解を深め、継続的な服薬を心がけましょう。

長期に渡り服薬を継続することは難しいことですが、服薬の中断はよい影響を与えないことがわかっています。服薬をつづけていると再発するリスクを低く抑えることができます。また、再発してしまったときの症状も、薬を飲んでいなかったときに比べて、より軽くてすむといわれています。
また、統合失調症では脳にダメージを受けてしまうことがありますが、再発を繰り返すほどダメージを受けやすいことも報告されています。
再発予防のためには、やはり服薬の継続が基本となります。継続して服薬した場合と、服薬を中断してしまった場合とを比較すると、再発率は1/5にまで低下します。

【薬を飲み続けることによる再発の低下】

図:薬を飲み続けることによる再発の低下

引用:Robinson D et al. Arch Gen Psychiatry 1999より作成

ともに生きる:トップへ

ご注意ください

本サイトで解説する病気の症状は典型的なものを紹介したもので、記載された症状がその病気をもつすべての方に当てはまるわけではなく、また症状のどれかに当てはまるからといってその病気であることを示すものではありません。治療法その他についても、あくまでも代表的なもののみを掲載しており、治療法すべてを網羅するものではありません。病気の診断および治療に関しては、必ず医師による説明を受けるようにしてください。


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。