ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. ホーム >
  2. 認知症 >
  3. 理解する >
  4. 認知症にはどんな種類があるの?
ここから本文です
理解する

認知症にはどんな種類があるの?

認知症はその原因から、いくつかの種類にわけることができます。
脳の神経細胞の異常が原因で起こる「変性性認知症」には、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。他に脳梗塞など脳の血管の異常が原因で起こる「脳血管性認知症」、脳外傷や脳腫瘍、脳炎などで起こるその他の認知症があります。
認知症で最も多いのは、変性性認知症の代表であるアルツハイマー型認知症で、全体の約50%を占め、次いで脳血管性認知症およびレビー小体型認知症の20%で、これらは三大認知症と呼ばれています。

【認知症の種類と割合】
図:認知症の種類と割合

提供:小阪 憲司 先生


このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。