ページの先頭です

認知症ナビ

アルツハイマー型認知症はどのような症状なの?
行動・心理症状:心理症状

中核症状によって、行動や周囲の方との人間関係に支障が生じるために感じるさまざまなストレスなどによって、抑うつ状態や不安、妄想などの心理症状や、徘徊や介護者に抵抗するなどの行動症状が現れることがあります。現れる症状や時期などは、一人一人の環境などによって異なります。

心理症状(精神症状)には、幻覚、妄想、不安・焦燥、せん妄、興奮、睡眠障害、抑うつ状態、などがあります。

妄想

イラスト:財布からお金をとられたと嫁を疑うおばあさん よくあるのは、「自分の財布を盗られた」などと言い張る物盗られ妄想です。自分でしまったことを忘れ、盗まれたと思い込むために起こります。この場合は、盗む人は身内の人で、特に介護をしてくれる人であることが特徴的です。
配偶者が浮気をしている、親しい人が他の人と入れ替わっているなどと言い張ることもあります。

症状動画:妄想

不安・焦燥

イラスト:嫁の買い物にくっついて歩くおばあさん(嫁のそでを離さない) 認知症の症状によって不自由を感じるために、漠然とした不安・焦燥がみられることがあります。さらに進行すると、その不安や焦燥から、介護する人に暴言や暴力を振るう、不平を言う、家族のあとをついてまわるなどの行動をともなうこともあります。

症状動画:不安

せん妄

意識がぼんやりして幻覚や錯覚がみられ、時に妄想や思い違いが加わると、怖がったり、動きまわったり、つじつまの合わないことを言ったり、暴言や暴力がみられることもあります。夜に起こりやすいため夜間せん妄と言われ、時間によって症状が変化しやすい特徴があります。

興奮

気持ちが高ぶって抑えられなくなる状態で、せん妄や焦燥にともなうことが多いのです。興奮は、さまざまな状況でみられるため、何が原因で気持ちが高ぶったかを突き止めることが大切になります。

症状動画:興奮

睡眠障害

イラスト:日中ウトウトするのに夜になると眠れないおじいさん 睡眠障害の多くは、夜は頭がさえて眠れず、日中にうとうとするという、昼夜が逆転している状態のことです。認知症が進行すると、暗くなっても夜だと認識できなくなったり、昼夜関係なく寝たり起きたりするようになります。

抑うつ状態

抑うつ状態は認知症の初期に多くみられ、睡眠障害、胃腸障害、食欲不振などを伴うことが多いのです。これは、記憶力の低下などを家族から指摘されたり、あるいはそれを自覚することで、自分を責めたり、悲しんだりするために起こることが少なくありません。

症状動画:うつ

アルツハイマー型認知症はどのような症状なの?
認知症の症状が日常生活等でどのように現れるのかを動画にまとめました。

症状動画」では、認知症の症状が日常生活等でどのように現れるのかを動画で再現しています。あわせてご覧ください。

ページの先頭へ