ページの先頭です

認知症ナビ

ともに生きる

周りの方へ・ご家族や介護者の方々へ
行動・心理症状の予防と起きたときの対応

認知症の人の思いがけない言動や行動に適切に対応できるようになれば、ご家族や介護者の方々もずいぶん楽になります。そのような行動がみられても、頭ごなしに叱ったり、否定せず、いったんご本人の主張を受け入れてみましょう。

妄想

イラスト:おばあさんと一緒に財布を探す家族 「財布を盗まれた」などと訴える場合、ご本人の話を否定すると逆効果になりますので、失くしたものを一緒に探すようにしましょう。ご本人以外が失くしものを見つけると「あなたが盗ったんでしょう」と疑われることがありますから、ご本人が見つけ出すように誘導することが大切です。「配偶者が浮気した」と疑う場合は、その背景に孤独や不安を感じていることがありますので、普段から話しかけたり、スキンシップを図りましょう。症状がひどい場合は、医師に相談するようにしましょう。

せん妄

せん妄が現れたら、ご本人が安心できる環境に身を置かせ、症状が改善するまで付き添うようにしましょう。症状が改善しない場合は、医師の治療を受ける必要があります。せん妄の前兆には、不安、倦怠感、光や音に対する過敏反応、不眠または過眠がありますので、これらの症状が現れていないか注意深く観察します。

徘徊

イラスト:道の真ん中でウロウロ、キョロキョロするおばあさん(服に名前と連絡先のタグが貼ってある) 徘徊がみられるようになったら、外出時に付き添ったり、外出以外のことに関心を向けさせてください。家族の目が届かないときのために、玄関を二重ロックにしたり、万が一外出しても衣服や持ち物に連絡先を記入した名札を付けておいたり、近くの交番や近所の知り合いにも事情を話して協力してもらうようにしておくことも大切です。

攻撃的行動

イラスト:怒ってしゃべっているおばあさんの話をうなずきながらだまって聞いている まずは攻撃的な言動・行動を鎮めることが大切です。ご本人の言い分を受け入れながら穏やかに対応し、興奮がおさまるのを待ちましょう。攻撃的行動は、多くの場合、ご家族や介護者の方々のお節介や指示的な態度に反発したり、反論できないことにいらだちを感じていることが原因ですから、ご本人の気持ちを傷つけないように配慮することが大切です。

周りの方へ・ご家族や介護者の方々へ
ページの先頭へ